ここに入る

ヒルズアカデミー ライブラリートーク!

2009年3月16日

六本木ヒルズ49階、ヒルズアカデミーでのライブラリートーク。
ライブラリー会員(年10万円!)向けの限定イベントだ。

毎回、著者を招いての講演会なのだが、今回は「子育てネタ」と限定したにも拘わらず、60名あまりが集まった。

基本的には最近PTAや保護者向けにお話ししている「ヒマと貧乏とお手伝い」をプレゼンテーション。
90分弱話して、後はお茶を飲みながら30分ほどの個別Q&A。

突っ込んだ、真剣な質問も多数あった。
アンケートも、6~7割が4段階評価で4「大変面白かった」と答えてくれていた。(回収率は6割程度だが)

ご夫婦での参加も目立った。
もっともっとQ&Aの時間を取るべきだった、が反省点。


当日は、4/2から始まるNHK「ソクラテスの人事」での紹介ビデオの撮影も行なわれた。
最初の10数分だけだが、カメラさんと音声さん?がぐぐーーーっと。
使われるのはおそらく10秒?

参加者の方々からは「映して!」の声も(笑)

「正しく決める力」中国語版!

2009年3月12日

中国の出版社からのオファーがあり、「正しく決める力」の中国本土での出版が決まった。

非常に嬉しいことである。

翻訳のチェックなどはやりようもないが・・・

ナカハラジュン

2009年2月11日

こう書くと、まるでファッションのブランド名のようだが、本当は

中原淳

東京大学で教育学を研究する、新進気鋭の准教授さんである。

・社会人教育、企業研修をテーマとする
・外部との活動を活発に行う
・既存勢力と一定の距離を置く
点で特長がある。

先日、研究室にお邪魔してお話し。なかなか楽しかった。


先日の彼のブログ「「転職」と「学び」の関係!?」
http://www.nakahara-lab.net/blog/2009/02/post_1432.html
がとても面白かったので、mailでコメントした。

そしたらそれをブログに載せましょうと言うことになり、
http://www.nakahara-lab.net/blog/2009/02/post_1434.html
こうなった。


転職と学び、非常に面白いテーマである。

日経アソシエの記事依頼と見本刷

2009年1月10日

メールが舞い込んで、記事を一つ書くことに。

曰く、テーマは発想力。
アイデアの大量生産について書いて欲しいと。

数冊の本を紹介するコーナーだ。


大量生産はちょっと、違うなあと思ってmailでやりとりし、発見力で合意。


問題は締め切り。

本を14日までに選んで、記事は19日まで。
10日で書け、かあ。

誰か、引き受けておいて落としたのかな?



頑張りましょう。


今日、本の見本刷りを10冊受け取った。
2冊は虎ノ門に。
残りは、三谷研と、自宅。

早く書店に列ばないかなあ。

交渉力、で人生は楽しくなるのか

2008年8月28日

身につけたい、能力・スキルランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=590597&media_id=45

イヤなことをなんとかしたい、という切実さは伝わってくる。

でも、そもそも
・正しい意思決定
がなくては、船が山に登ることになるかな。

と言うわけで、多少低いが
9位:判断力(78ポイント)
8位:決断力(81)

がもっと大切だろうねえ。

ここまで書いて、10代のランキングを見て驚いた。
1位:決断力(100)
2位:判断力(97)

これは、そういう自覚(決められない)があるということなのだろう。
逆に言えば、20代、30代は、そこに多少の自信が出来てきて、他の面に意識が向いていると。

甘い。

まだまだだよ。
1  2