ここに入る

第三戦:デンフタ

2008年11月20日

田園調布雙葉で「発見力」講義。2時間。


高3相手なので、あえて、大人向けのモノをやった。

導入はなんと、KIT虎ノ門大学院の入学希望者説明会に使っている資料。
「予測不能性」「Volatility」「世界の総GDP」がどんどん並ぶ。

そこから「決める力不足」に移って、いよいよ「発見力」に。

「なぜ白目は白いのか」などで頭の体操。

「なえ冬は寒いのか」でJAH展開の練習。


後半は、商品のアイデア構築を、JAH展開を用いてやってもらう。

・アイデアを出し
・選び
・JAH展開し
・組み合わせて新しいアイデアを出す


なかなか、新しい展開が難しかったよう。

まあ、そう簡単にはいかないね。

例えば
「うさぎ専門ペットショップ」
というアイデアから
「うさぎ専門ペットアイランド」
に飛んだくらい。

ショップを展開してアイランドにしたと。

本当は
「うさぎ」
から
「ふわふわ」
という軸を見つけて
「ふわふわ動物やふわふわグッズを全て集めたお店」
とかにいけたら良かったね。


感想も、「難しかった」が並ぶけれど、みな、本質は理解したよう。
今回はそれで十分。
そこから、日々の練習に繋がれば、いいのだけれど。

数名は「面白かった」と。

ガンバッテ!



今年は2回、選択授業(情報論)のなかでやったけれど、来年度からは、必修科目にシリーズものとして進出か!

11/20のデンフタ情報論授業 準備

2008年11月14日

11/20は田園調布雙葉で高3女子相手に情報論の授業。

今回は「情報と発想」がテーマだからちょうど良い。

とはいえ、90分の授業をどう使うかは思案どころ。
身近なテーマでの討議で盛り上げたいところだが・・・

高3女子に身近なテーマかあ。
人生とか将来とかじゃ、他の人と同じだし。

商品開発系かねえ。

とか、いろいろ考えているところ。

「今から目指そう、カッコイイお母さん!」
とか???



11/27は福井の河和田小学校で講演と授業。

本当は親向けの講演を頼まれたのだけれど「子ども向けも」ってお願いしたのだった。
で、3年生向けの授業もすることに。

45分、小学3年生。

これはチャレンジングだ。



おっと11/21にはJ-Collegeもあるぞ。

これは大人向けだし、ちょっとハイブローで行くかぁ。



ということで、準備は続く・・・・

福井市和田小の子どもたち

2008年11月11日

diary_991814498_191.jpg

350名の4~6年生、30名の保護者、10数名の先生方を相手に、60分間お話。

講演の終わった後、残ったのは
・意外なほど出た質問
・380枚のフィードバックシート

両方とも、宝物だ。


いっぱいの驚きと笑いのうちに終わった講演。

でも、「質問をどうぞ」って言われてもねえ。
恥ずかしくてできないよね。


と思っていたら、4年生の男の子が手を挙げた!

そうしたら4年生が次々と。
女の子まで。

やっぱりちっちゃい方が物怖じしないかあ。

そこで6年生が奮起。
続いて5年生も。

6~7名が「どこの国が一番不思議でしたか」とかの質問を私に投げかけた。


座っているだけだとダメだと思って、途中で2分ずつ取って
「イロのフシギを見つけよう」
「円柱のものを見つけよう」
と、書いてもらった。

そして、同じ紙に「1~4」の4段階評価も。

教室に戻ってから回収してもらったのだけれど、いくつかのクラスでは

「感想」

を表や裏に、書き込ませてくれていた。

曰く
「役に立つと思うのでおとなになるまでずっと覚えていようと思います」
「僕も1時間はなぜ60分なのだろうって4年生の時に思いました」
「知らないことがいっぱいあるのでびっくりしました」
「なぜプロパンガスボンベが円柱なのか考えます」

これもとても楽しく読ませてもらった。

スキャナーで読んで、原本はお返ししなきゃね。

子どもたちがφ(`д´)メモメモ...代わりに、いろいろ書き込んでいるのだもの。
ちょっと間違ったりしているけど。

「グーグルマース」
とかね。


最後に、お花をもらった。
福井においてきたけれど、凄い花束!!!



11/27には鯖江市の河和田小学校で、保護者向け講演と、子どもたちへの授業。
午後にはその打ち合わせもしてきた。

こんどは3年生だ!

強敵だ・・・


福井の気温は低く、体育館での体育座りは後半、つらかった様子

DIME 08/11/18号 記事 発想力問題

2008年11月 2日

diary_981026378_202.jpg

イマドキ入社試験で"脳トレ"大作戦!

という触れ込みの記事である。


http://xbrand.yahoo.co.jp/magazine/dime/1832/1.html
http://xbrand.yahoo.co.jp/magazine/dime/1832/6.html
に詳しく載っている。

サンケイ・ビジネスアイ 公開講座

2008年10月24日

10日間連続の講座で、毎日別のヒトが講師となる。

24日は私。1930~2100の90分間、「発見力」をテーマに。
ここ一年くらいで生み出した、最新コンテンツだ。

なぜかFax申し込みのレトロな運営だったが、幸いなことに70名の定員はすみやかに埋まったよう。
参加メンバー中最速だったとか。(^^)V

70名の登録、65名の出席。
それに本当の関係者10名と、そうでない似非関係者(笑)4名余り

会場は割と狭く、満タン状態。
マイク無しで十分な広さでもある。

90分、3分くらい余して終了。

こういう見知らぬ人が集まる講演の割には盛り上がった。
笑いを10回はとった。よしよし。
85点!

特徴
・年配の参加者が結構居た(10回全部出る強者も数名とか)。ノリは良かった
・アンケートで、面白かった、は殆ど5だが、流石に、役に立つか、は4か3
・最後にちょっと言った「子ども向け教育に注力してる」が意外に受けた

アンケートを書いてくれた人に、都立高校の先生まで居て、今後に繋がるかも、の期待。
それにしても勉強熱心なことだ。どこの学校だろう。

サンケイの方と、直前直後にお話
・70名定員にあっという間に100人fax応募。30人分、電話で断るのに大変だった
・サンケイとしても教育系でいろいろやりたい

ひょんなことで決まったイベントだったが、存外の成果。
1  2  3  4  5