ここに入る

「観想力」韓国語版 出版へ!

実は2007年にオファーがあって、かつ、前払い金も貰っていた、「観想力」 韓国語版、動き始めたらしい。
(いや、今まで止まっていたらしい( ̄∇ ̄))
いよいよ作業が進み、出版となるとか。

韓国語版向けの序文を頼まれた。
おお、一体どう書こうか・・・。見知らぬ韓国の若きビジネスパーソンへ!

Think!xJobwebの特別講座 続

2008年12月 7日

お天気がよかったせいもあり60名弱が参加

Jobweb経由が中心なので、若者多し。
40代が数名で、残りは20代と30代半々。

6人一組で10チームだ。

案の定、Think!記事を読んでいたヒトと読んでいなかったヒトは半々くらい。

でも、今回は、読んでいたヒトたちのリーダーシップを期待して、混ぜてやる。


小さな演習を入れながら、後半一時間は、JAH法を使っての商品アイデア作り。
・花束
・自転車
・ペットショップ

最後に発表もしてもらったが、いくつか面白いモノもあった。
ただし、体感して貰いたかったのは、結果もそうだが「プロセス」そのもの。

単なる「発散と収束」ではない
「発散、選別、分析、組み合わせ」というプロセス。

アンケートを見ると、まだまだすっきりとは行かなかったようだが、それも当たり前。
新しいワザは身につけるのに時間がかかる。
それをものに出来るかどうかは、あとは本人次第かな~



当日、東洋経済さんが持ち込んだ書籍(観想力とか)は完売したそう。
「もっと持ってくれば良かった」と、Think!編集長さん。

2年前の観想力講座を受けていた人も何人か。
「こう繋がるのか!と納得しました」と。

そうなのだ。
全ては、繋がっている。

Think!xJobwebの特別講座

2008年12月 6日

今日は午後いっぱい、KIT虎ノ門大学院で50人相手に4時間の講義。

テーマは発想力。

Think!秋号の「JAH法」記事に興味あった人が集まっている。
はずなんだけれど、いつもこう言うのはばらつく。

熟読したヒト、斜め読みしたヒト、全く読んでないヒト。

こういう人たちを、グループ討議の時混ぜるべきか分けるべきか?



通常は、分ける。


今日はどうしようかな。

良い天気。
バイクで出勤。

鯖江市河和田小学校 小3の質問!

2008年11月27日

今日、河和田小学校で出た質問


因みに授業のテーマは本のフシギ


1、一番得意だった科目はなんですか?

国語です


2、本を出したことはありますか?

あります。7冊くらい書いてます


3、一番 自信作はどれですか?

うーん、観想力、かなあ


4、よんでみたい

え・・3年生だとまだムリかな~。6年生なら読めるかも


5、趣味はなんですか?

バイクです。大きいのに乗ってるよ。でも怪我をするのでオススメはしません
(うしろにお母さんたちが10名ほど・・・)

6、苦手だった授業は何ですか?

あんまりないかなあ
でも九九の7の段は苦手だったなあ
(ボク言えるよ!の声多数)


7、足し算、わり算、かけ算、引き算で一番難しかったのはなんですか?

えー、うーん、やっぱりわり算かなあ
(わり算なんてカンタンじゃん、の声多数)


8、本を書いたりしますか?
(さっきと同じ質問)

うん、してますよ~
ここの図書室にも一冊あるかもよ


9、一番好きな本は何ですか?

うわ、小3の時だよねえ

題名を思い出せないので後で先生に伝えておくね


10、一番好きな科目はなんですか?
(さっきと同じ質問)

国語なんだけど理科も大好きでした


11、本は今でも読みますか?

うん、いっぱいよんでるよ~


12、家に何冊くらいありますか?

1000冊くらいかなあ。
(えー、すげー)

でも小学生のときはほとんど買わなかった。
先生に、まず図書室の本を全部よんでから買いなさいって言われたから

でもある日、起きたら枕元に100冊本があったんだ。お姉さんと二人で分けたけどすぐ全部読んじゃった。

(サンタの贈り物だー)

(サンタなんていないんだぞ)

(いるよー)


...サンタの話はおわり!




以上。

楽しい質疑応答であった。

第四戦:J-College

2008年11月22日

いやー、楽しかった

講演の後の、名刺交換でも参加者といろいろ話せたし、
別室でのスタッフの皆さんとの懇親会も盛り上がったし、
行き帰りは、S500の送迎付きだったし。
(これは参加したアイサンクス社のご厚意)

印象的だったこと。
・参加者に高崎市のPTA会長さん。「本を読んで感激しました」で、参加されたそう
・早稲田の学生が2名。手書きの名刺。彼女らは「講演お願いします!」と言っていたが実現するかな。あとは実行力
・アイサンクスのドライバーさんたちが3名も参加
・子どもの教育に関わっているヒトが、何名も!


ただ、毎回そうだが、
・個々人、もっともインパクトのあったことを聞くと、皆バラバラ


これだから講演は難しい。
でも、だから楽しいとも言える。

スタッフの方々には「講演またお願いします!」とも言って頂いた。
うれしいね。



JAL本社てっぺんからの夜景も、なかなか。
どこぞの花火が眼下で上がっていた・・・

ロスでは見えないかな~
松山真之介さん、ありがとう~~
1  2  3  4  5