ここに入る

永平寺ふるさと大使、就任~

2008年11月 1日

diary_981026378_220.jpg

昨日の、福井新聞に出た。
永平寺ふるさと大使、就任記念である。

大阪あべの辻調理師専門学校の水野さんたちとともに、カラーの顔写真入りだ。

先日、松本町長が東京出張の折り、わざわざ虎ノ門までご説明にいらしていただいた。
何か特別なことをするわけではないが、宣伝に、務めましょう。

日本一の福井県の、更に、いいとこ、永平寺町。

永平寺ふるさと大使

2008年10月 3日

本日、我がふるさとの永平寺町の町長と虎ノ門で面談。

永平寺ふるさと大使就任の要請を受けた。
特にやることも決まっていないが、宣伝になることならなんでもいたしましょう、ということで受諾。

初代4名のうちの一人。



福井より名の売れている永平寺だが、観光客は
130万人→80万人
と大きく下がっているそうだ。

宿泊地でなく寺だけ、しかも街並みの無さからリピート性がない。

街そのものとしての魅力をどう上げるかだね。
電車の廃線を買い取って遊歩道にするとかは、動いているが、あの土産物屋の塊をどうするか・・・


後は、福井市の後背地としての宅地開発。

町がお金を出しての宅地造成は成功して、今年分譲した分20区画は、一ヶ月で完売して、うち13家族には子どもがいるとか。

よしよし。

文科省の学力テストで福井は、小学校全国2位、中学校1位。
その福井の中でも永平寺町は相当上位だとか。

子育て日本一を名乗るとかしてもいいかもねえ。
(当社比)とか?



さて、人口3万人、嶺北地方唯一の「町」
夢のある町にしていきたいもの。

藤島高校で職業観育成講座

2008年9月26日

藤島高校の一年生向けイベント


建築士、弁護士、医者、に私(元経営コンサルタント)がパネリスト


いろいろお話しした

高校時代にやるべきこととして...


新聞を2紙読もう

とか言ってみた



他の三人、異口同音に
ヒトとのコミュニケーション
を挙げていた

メールじゃくて
ヒトとちゃんと話しましょう





昨日、小松空港で拉致され深夜1時30分まで8時間、福井青年会議所の方々とお付き合い



もう眠い...

ブランコ@福井の三谷邸

2008年8月22日

diary_909887507_86.jpg  diary_909887507_27.jpg

福井の家の二階リビングは吹き抜けになっていて、鉄筋の梁が大きく2本。
そこに縄を掛けて、ブランコを作っている。

これは3代目。
いろいろ工夫をして作ってきたが、なかなかの出来。

西側は3Mの擁壁の上に家が建っているので、このリビングからは田んぼとそれに連なる福井平野が一望できる。

空と田んぼに向かってGo。

福井県 女性校長教頭さん132人

2008年8月21日

この夏最大のイベントが、終わった。


福井県の公立小中学校 女性校長教頭さん132人を集めた夏の研修会。
なかなかに、壮観。

100分ほどで、「生きる力~発想力と決める力」をテーマにお話。

前半は講演、後半は「サバイバル」の演習付き。



皆さん、のりも良く、やりやすかった。

もちろん、改善すべき点も多かったが、満足してもらえたと思う。



今の校長教頭さんにとって、最大の関心事は「モンスター」対応。

今日の話はそことは違うものではあるが、未来の社会を生きる子ども達が身につけるべき姿勢や技、ということで、うまく伝わったのではないかな。

未来の(今の)社会が求める力!



最後に皆さんにお願いしたのは「出張講演」のご紹介。
早速、ある学校の校長さんが「郡でのPTA研修を」とお声掛けいただいた。その方は「帰ったら、これを教員たちにもやらせる!」と前向き。

よしよし。


さて、明日、帰京。
1  2