2008年5月 2日

デンフタ:「決めると言うこと」

diary_792665058_79.jpg

生徒さん10名、社会人+大学生7名、卒業生2名が参加した情報システム論。

100分の授業が無事終了。
題名は「決めると言うこと」

途中のアドリブも含めて、結構上手く行ったと思う。
よかった。


直後に生徒の皆さんがパカパカ3分で打ち込んだFeedback、の一部。

「決める、ということ、なんとなく分かりました。これからもいろいろ決めることがあると思いますが、三谷さんの話を思い出したいとおもいます」

「凄く面白くて、納得のいくお話ばかりでした。様々な価値観や考え方を知って、すごく勉強になったし、物事に対する考え方が変わった気がします」

「私は余り判断力がない方なので、何かを選ぶということより、まず何を基準に選ぶかということに重点をおいてこれからは考えていこうと思いました」

「これからの人生にとても役立つお話が聞けたと思います。確かに捨てることは怖いので、なかなか決断ができない時もたくさんあります。けれどその場に適した判断を下せるような人にならなければならないなと思いました」


こういう一言が私の宝物。

特に「まず何を基準に選ぶか」のコメントに感激。
私は講義中、「基準」という言葉は使っていない。
でも、語り続けたのは、一言でいえばそういうこと。

最初からアイテムに突っ込むな。まず価値観や大戦略(=基準)をハッキリさせろ。そしたらそこから自ずから答は導かれる。



ご希望の方、いつでもどうぞ~~~


写真は「揺れるボール」
拡大してビューワーを左右に動かすと・・・